うつの症状を把握して適切な治療を受けることが大事です

色々な状態になります

医療

様々なタイプがある

一般的にうつと言うと、やる気がなくなるとか、元気がなくなる、何事も楽しくなくなってしまうなどの症状があります。勿論そのような状態も確かにうつ病の特徴となっているのですが、あくまでもその一つに過ぎず、実際にはそれ以外にも色々と有ります。たとえば食欲減退や暴力的になってしまう、起き上がる事が出来なくなってしまう等がそれに当たります。この様な症状は精神的な物と身体的なものに分かれており、精神的なものしか出ない人もいれば、身体的なものが出てくる人も居ます。また大きな特徴としては、いつも同じ状態だったりするのではなく、これらの症状には波が有る事です。多くの人は朝の方が酷くて夕方になって行くとだんだんと調子が良くなっていく形です。しかしその状態が毎日続くわけではなく、ある時は朝から調子が良い事も有りますが、夕方になっても良くならないと言う事もあります。その為、本人も自分がどの様になっているのか上手にコントロールできずに、より一層自分を責めてしまうことも有る程です。しかし、うつの症状自体はいつまでも続く物と言う訳ではなく、いずれは徐々に良くなって行き、そして元の生活に戻ることも決して不可能ではありません。勿論風邪の様に放置しておいたとしても自然に治って行くと言うよりは、しっかりと投薬治療をする事で症状は改善して行きます。しかも放置してしまうとより自分自身の精神を追い詰めてしまうこともあり、症状が悪化する場合も出てくる程です。他の病気も早い段階で発見して治療をすれば回復する時間は短くて済む傾向ですが、うつも他の病気と同様に早期発見早期治療がポイントとなります。早めに対処して、投薬やカウンセリングなどの適切な処置を受ければ、それだけ早く日常生活に戻れるからです。また、うつ病自体は元気がないとかやる気が出ないと言う症状ばかりがクローズアップされてしまいがちです。勿論心の風邪と表現されることがある程珍しくない病気となりましたが、心だけに症状が出てくるわけではありません。心と体は密接に関わり合っている為、身体的にもいつもと違い状態になってしまうことが多々あるからです。したがって、いつもと違う状態になった場合は、ただ単に疲れているだけでなくうつ病の可能性があると考える方が良い時も有る程です。現在ではうつ病に関しては簡単にチェックできるチェックリストも用意されており、少し気になる症状がある人は自分でもチェックできるようになっています。勿論そこで全く問題が無いという結果が出た場合は、過剰に心配する必要はなく、少し休息を取る程度でも良い事も少なくありません。しかしそこでもし何らかの問題があると明らかになった場合は、出来るだけ早い段階で病院に行き、早急に対応する方が良い場合も多々あります。勿論本人はうつ病と認めたくない場合も多々ありますが、何からの症状が出ていると言う事は、体がSOSを出している証拠です。なるべく悪化させないようにする為にも、本人はもちろんの事、周りの人も協力して対処する事で、重症化を防ぎ、短期間での回復が期待できるようになります。

早めに気づくことが大事

カウンセリング

日本でも患者数の多いうつ病ですが、その性質上認めたくないとか人に知られたくないという理由で治療の開始が遅れるケースも多くあります。正常な判断能力が持てない症状の病気であるからこそ、受診や治療に関して家族のサポートが必要です。

正しい知識を身に付けよう

女性

もし大切な人がうつ病を発症してしまったら、正しい知識を持ち正しい接し方をする事大切です。様々な症状が出ますが周りの人は全て受け入れる事が大切です。また病院との相性も大切になるので、きちんと自分に合った病院を見つけましょう。

医師への相談が大切

ハート

うつ病の症状を発症したと感じたときには、できるだけ早めに身近な人に相談を行うようにしましょう。また自分で判断できない場合には必ず医師に相談を行い、適切な薬を処方してもらうようにすれば、うつ病も決して怖い病気ではなくなります。