自身にあった家作り|注文住宅で快適な環境を作る

瀬戸内で戸建てを購入

ファミリー

中古住宅購入までの流れ

瀬戸内海に面した岡山県は新幹線で関西方面や広島方面への移動がしやすく、瀬戸大橋で四国地方の連絡口である香川県に渡る事も出来るので中国地方の交通の要と言えます。利便性の高い岡山県で中古一戸建てを購入する場合の流れと購入のメリットを紹介します。中古一戸建ては新築では購入しづらい価格の物件も価格が下がり購入しやすくオススメです。交通の便の良い場所や庭付き物件、ガレージ付き物件も手に入り易くなります。インターネットや住宅情報誌で岡山県内の気になる中古一戸建てが見つかったら、不動産屋に物件の見学を申し込みます。見学する物件はひとつだけではなく、似た条件や間取り、価格の物件を複数検討するのが一般的です。この時、実際に見学し購入したい物件が見つかった場合は申込書を提出し申込金を支払います。リフォームがどれくらい必要であるかを知るためにも第三者機関に依頼し、一級建築士から住宅診断を行ってもらうと安心して中古一戸建てを購入する事が出来ます。住宅診断は診断する物件がまだ居住中であっても行う事が可能です。住宅診断後リフォームにかかる代金も含めてもう一度よく購入を検討すると金銭的に無理のない住宅購入をする事が出来ます。住宅ローンの仮審査をした後、物件の契約内容や瑕疵担保責任、重要事項を説明してもらい、売買契約を締結します。購入したい物件をキープするために手付金を支払うケースがありますが、契約をした後にキャンセルとなった場合は手付金は返金されないので注意が必要です。売買契約を締結した後は住宅ローンの本申し込みをし、承認を得て金融機関などで支払いの手続きをします。所有権の移転を司法書士が移転登記を申請して物件の購入手続きは終了です。その後、リフォームを行い引っ越しをするとスムーズに入居する事が出来ます。住みやすい岡山県で中古一戸建てを検討している方は是非参考にして下さい。