うつの症状を把握して適切な治療を受けることが大事です

  1. ホーム
  2. 医師への相談が大切

医師への相談が大切

ハート

早めの対処が重要

今までできていたことが急にできなくなる、どのようなことをしても今までのようにやる気が全く起きないなどの体の異変を感じた場合は、うつ病の発症かもしれません。こうした気持ちになることは誰でも一度は経験をしているかもしれませんが、うつ病と一時的な気持ちの落ち込みはとても似ている傾向があります。つまり一時的な感情であっても、その感情が継続していくことで症状の発症へと繋がってしまうことがあるので注意が必要なのです。自分の感情をコントロールできなくなってしまう前に、自分で自分の異変に気付いて早めの対処を行うことで緩和させることができるようになるのです。まず、うつ病の症状に気が付いたときには早めに十分な休養をとることと、自分の症状に合っている薬を摂取することが一番です。昔とは違い、薬のレベルもとても上がってきていますので、合った薬を選ぶことができれば症状の早めの緩和に繋がっていきます。うつ病の薬の種類はとても多くなっていますが、基本的にはまずは医師の指導によって服用することが基本となります。危険なことは、自分の判断で選んで自分の判断で服用することなのです。うつ病は計画的に薬を選んで、さらに計画的に服用していくことで、その症状の緩和が期待できるようになります。こうしたルールを無視してしまえば、抗うつ剤によって副作用を受けてしまうだけではなく、症状が悪化してしまうこともあります。まずは、医師にしっかり相談を行い、必ずルールに従って服用するように心がけましょう。また、必要であれば家族などに付き添ってもらい、薬の特徴や服用方法などを一緒に確認してもらいましょう。症状を発症している状態で医師の指導を受けても、その説明が理解できないような状態になってしまうことがあります。間違った服用方法などを避けるためにも、家族などに付き添ってもらい医師の説明を受けるようにしましょう。また、抗うつ剤は市販薬としても販売されています。基本的な特徴としては、極度な緊張感を抑えてくれる効果やいらいらした気持ちを抑えてくれる効果、そして不眠解消効果などがあります。それぞれの症状に合った抗うつ剤を選ぶことが重要であり、自分の症状に当てはまらない場合には服用を避けるようにしておきましょう。また、市販薬には錠剤タイプやドリンクタイプなどがあります。市販薬の多くは漢方成分をベースとして作られているため、ドリンクタイプは即効性がありますが、少し飲み辛いと感じてしまうかもしれません。飲み辛さを感じてしまう場合には、錠剤タイプを服用してみることをおすすめします。錠剤タイプは漢方独特の苦さを感じないように作られています。しかし、市販薬はあくまでも初期の症状に使用するだけと考えておきましょう。市販薬を一定の期間服用しても、目立った効果を感じることができない場合には、迷うことなく必ず専門の医師に早めに相談を行うように心がけましょう。早めの対処を行うことで、うつ病は決して怖い病気だとは感じないはずです。自分一人で考え込むのではなく、身近な人に相談を行ってみることも大切なことです。