うつの症状を把握して適切な治療を受けることが大事です

  1. ホーム
  2. 正しい知識を身に付けよう

正しい知識を身に付けよう

女性

周りの協力も大切

もし身近にうつ病を発症している人がいたら、どんな接し方をすれば良いのでしょうか。現在うつ病患者は100万人を超えており、実際病医で治療をしていない人を含めると大変な数になると言われています。もしかすると自分の身の回りでも気付いていないだけでうつ病を発症している人がいるかもしれません。うつ病はを治す為にはなかなか根気がいる事であり、しっかり症状を改善し治す為にも病院での治療と周りの協力が必要不可欠です。接し方を間違ってしまえば、逆にうつ病を進行させてしまう事もある為、きちんと接し方を身に付けておく必要があるでしょう。まず、相手を受け入れる事が大切です。時にそんな事でと思う事でひどく落ち込んでしまったりやる気が出なかったりネガティブ思考に陥ってしまう場合がありますが、全て大きな心で受け止める必要があるでしょう。うつ病を発症している場合、ネガティブな思考になってしまう事が多くある為、それを責めたりせずに、まずは受け入れる事が大切です。うつ病は脳が機能障害を起こしている状態です。その様な状態で説得をしたり、何とかやる気を起こそうとこちらが焦っても仕方がありません。むしろそれが相手に対してプレッシャーを与える行為となってしまうのきちんと受け入れ、説得するのではなく、納得してもらえる様にしましょう。また、精神科や心療内科などの病院選びもとても大切です。出来るだけ早く症状を改善する為には、病院との相性も大切になります。その為、どの様な治療を行っているのか、どの様なドクターがいるのかきちんとチェックする事が大切です。その為にも、カウンセリングを受けた際の印象を大切にしましょう。やはり良い病院は良いドクターがいる病院です。中にはろくに話しを聞いてくれず薬だけをどんどん処方する人もいるので、しっかり良いドクターを見極める事が大切でしょう。第一印象でこのドクター嫌だなと思ったら、それは相性が合わないドクターです。フィーリングもとても大切になるので、この人なら安心して話をする事が出来る、安心して任せる事が出来ると思えるドクターがいるところを選びましょう。また、病院までのアクセスもとても大切です。実際通うとなると、通院期間が長くなってしまう場合もあるでしょう。その為、通いやすい病院を選ぶ事が大切です。バスを何本も乗り継いで行くなど、行くだけで疲れてしまう様では意味がありません。また、出来るだけ遅くまで診察を行ってくれるところや、休みの日も診察をしてくれるところかもチェックしましょう。やはりいつ状態が不安定になるか分からない場合もあります。不安定な時にすぐに行く事が出来るところであれば仕事帰りに立ち寄ったり、休日に利用したり、自分の都合に合わせやすいので営業時間もチェックしておきましょう。うつ病は周りの人の接し方は選んだ病院によっても症状が変わってしまう場合があります。出来るだけ早く元の状態に戻す為にも自分に合った安心して通える病院を見つけましょう。それが少しでも早くうつ病の症状を改善する為の方法であり、自分にとっても周りの人にとっても一番良い事です。